ココロのつぶやき@はてなブログ

南の島からの帰国子女で作家。2005年『講談社X文庫新人賞』受賞。現在、『文学フリマ東京』を軸に作品を発表中。

【00410】劇団Easy絡みの『桜』の話♪

 イベント日程/WS日程/通販

 

 

 

 

2005年4月に散開した劇団Eas yの最後のお話(第12回公演 ”Gentle Winds”)にも、間接的ですが『桜』が出てきます。
 

 


 

人様のお話のあらすじを語るのはとても苦手なので(作者(脚本家)さまの意図とは違う説明・話になったら大変失礼ですし、取り返しがつかないので)、観劇した方以外には意味不明の記事内容になってしまいますが、何卒ご了承ください。

 

ごめんなさい(陳謝)。

”Gentle Windsはオムニバスで、3つの話がリンクしています。


その3話目に、間接的ですが、『桜』がでてきます。

その話をかいつまんで説明すると、


中国人の女性がいます。

日本兵との間に男の子が生まれました。


日本兵はとても誠実だったのですが、戦死してしまいます。


母子はどこにいっても味方がいません。


子供は半分日本人なのに、日本人に殺されそうになる。
中国人にも狙われる。
そんな状況の中、母子は『日本人』として『日本』へ行こうとします。
父親である日本兵へ会いに。


だけど、父親は戦死していました。


そうとは知らない母子は、偶然、父親の弟(主人公)と中国で出会います。


彼もまた日本兵でした。


母子と父親の弟との不思議なめぐり合わせを感じながら、日本へ向かう船に乗ろうと山を越え谷を越えるのですが、最後の最後で、中国人を装った日本軍に見つかります。


『中国人なら助けてやるから出て来い』


と、中国語で話す日本軍の呼びかけに、主人公と出会うまでは頑なに日本を嫌い、憎んでいた子供が、母親がいつも歌っていた、
父親が母親に歌っていたという日本の唄を日本語で歌いながら
姿を現し、撃たれます。


主人公のなにげない一言から、子供の父親は既に死んでいることを悟っていた母だから、子まで死んでしまい、自分も死のうとします。


その時に、彼女は主人公に言います。

「撃ってください。私、日本人として死にたい。でも、あの人たちに殺されるの嫌。あの人言いました。桜の花、一番美しいは散るとき……。桜の花みたいに、死なせて」

彼女は、愛する男性に『桜』という名をつけてもらっていました。


彼は、桜が好きだったらしいです。

「私に桜という日本の名前くれたのも、あの人。あの人言ってた。日本の桜素晴らしい。大好き。日本の女性、桜みたい、って。日本人になりたい。あの人のため」


……というような台詞があって、その台詞が出てくるまでのやりとりを観ていたから、『桜』さんの想いがせつなくて……、劇場で泣きました。何度も。……というか、毎日(苦笑)

ほんと、劇団Easy の芝居は、脚本から照明から音から、すべてが素晴らしかったです。


魂が震えます。

どれを観ても。


散開されたのが、本当に残念です(>_<)

2005年4月に観た”Gentle Winds”から、私の桜への思い、感じ方が少し変わりました。


ますます、桜に関心がいくようになりました。

こういう感覚になるのって、本とか映像とか舞台の魔法ですよね。

本当に良いものを観せていただきました。
散開しちゃったけれど、劇団Easy の芝居は未だにココロの琴線に触れています。

 

 

 

 イベント日程/WS日程/通販

 

 

にほんブログ村 本ブログ 作家・小説家へ
にほんブログ村

(時々1位!ありがとうございます)

 

【フォロー大募集中】

 

Twitter

@aida_honoka

(ココロのつぶやきダダ洩れw)

 

Tiwtter

@megamisya

(オシゴトに関するつぶやき専用)

 

インスタ

@aida_honoka

(料理、ぬいぐるみ、にゃんこ、お花……etc)

 

インスタ

@aida_honoka_books

(読了記録専用)