ココロのつぶやき@はてなブログ

南の島からの帰国子女で作家。2005年『講談社X文庫新人賞』受賞。現在、『文学フリマ東京』を軸に作品を発表中。

【00434】お芝居やる時、気を付けた方がいいかも……

イベント日程/WS日程/通販
 
 
 
 
劇団芝居屋 第10回公演へ、日参しています(^^;

お芝居の感想は楽日に記事にするとして、今日は、ちょっと違う観点のお話を……。

えっと、今回のお芝居、最後に、総勢20名ほどが、白装束で狐の耳つけて、狐に扮して歌って踊ります。

おキツネさんを祀ったお祭りの流れで踊るのですが、それはそれは見事な迫力と踊りと歌なのですが……

えっと……、歌と踊りに魅せられて、わらわらオバケが集まってきていました……(涙)

動物やらヒトやら、それはそれはたくさんのオバケが……(涙)。

害のないモノが大半だったので、きっと物珍しくて引き寄せられたのだと思います。

どの劇場でも、どんなお芝居でも、オバケを視かけるのは日常茶飯事で珍しくないのですが、過去最高の人数(?)、しかも動物もたくさんでビックリしました。

中にはタチの悪いオバケもいて、なぜかそういうタチの悪いのには好かれてしまう故、しっかりとお持ち帰りをしてしまい、高熱出してぶっ倒れております(涙)。

沙夕 も

「アレは呼ぶよ……」

と、ひきつっていたので、感じた人、多かったのではないかと思います(苦笑)

裏を返せば、それくらい迫力・気迫・情熱のある芝居の一部、だったわけです。

すごいと思います。

だけど、ふと、上演前に『お祓い』したのかなぁ?と気になりました(苦笑)

おキツネさんの歌や踊りが、架空のお話とオリジナルな振り付けなのかどうか知りませんが、おキツネさんを扱うのだから、事前にお祓い済みであることを願います。

今更ですが(^-^;

いや、ほんと、迫力あるおキツネさん踊りでした。
芝居の中で一番印象的で、一番ステキだった場面でした。

……にしても、今回の拾いモノは強烈で、大変です(T_T)。

オバケなんて嫌いだぁぁぁぁ~~(絶叫)
 
 
 イベント日程/WS日程/通販
 

にほんブログ村 本ブログ 作家・小説家へ
にほんブログ村

(時々1位!ありがとうございます)

 

【フォロー大募集中】

 

Twitter

@aida_honoka

(ココロのつぶやきダダ洩れw)

 

Tiwtter

@megamisya

(オシゴトに関するつぶやき専用)

 

インスタ

@aida_honoka

(料理、ぬいぐるみ、にゃんこ、お花……etc)

 

インスタ

@aida_honoka_books

(読了記録専用)