ココロのつぶやき@はてなブログ

南の島からの帰国子女で作家。2005年『講談社X文庫新人賞』受賞。現在、『文学フリマ東京』を軸に作品を発表中。

【00424】スコール。

 イベント日程/WS日程/通販

 

 

 

※画像の拙著は、

通販』からお求め頂けます。

 

 

午後、関東地方にて『スコール』がありました。

あまりにも『スコール』だったので、一瞬、自分がどこにいるのか、何歳なのか混乱しました(苦笑)。

あの叩きつけるような雨、でっかい雷。
懐かしいと同時に、ビビってしまいました(笑)。

雷、ちょっぴり苦手です。

耳をつんざくような大きな音、鋭い光、落ちた後の光景……を、シンガポールで何度も目の当たりにしてきました。

雷が落ちて停電になるのは日常茶飯事だったし、通行人に落ちて亡くなるという痛ましいことも少なくなかったし、落雷後の木々の無残さも、よく目にしました。

どこに落雷してくるかわからないから、遠くの空で『ゴロゴロ……』と聞こえたら、一目散に建物を探して駆け込みました(^^;


命に関わる雷も怖かったけど、ほんとに小石をぶつけられているかのような痛さの雨粒や、バケツの水をひっくり返したとしか表現の仕様がない雨量に、辟易していたからです(苦笑)。

スコールはほんの数分で去ってしまうこともあれば、1時間くらいだらだら降っていることもありました。


笑えたのが、車に乗っている時、自分の進行方向側は大雨なのに、反対車線は一滴も雨が降っていない(晴天)だったことでしょう。
何度かそれも経験しました。
おかしかったです(^^;

そんな『スコール』絡みのお話が、講談社X文庫新人賞で受賞しました。

諸事情により、文庫デビューは白紙に戻ってしまいましたが(号泣)、でもめげずにがんばりますアップ

大丈夫!!

私は書く事が大好きだし、伝えたい想いがたくさんあるのだから、
必ず、カタチにしてみせますとも!!←無駄に強気(笑)

なにはともあれ、まさか日本でお目にかかれると思わなかった、激しい雷と叩きつけるような雨。


数分ではなかったけれど、あれは紛れもなく『スコール』でした。

なんかいいカンジでした(微笑)

 

 

 

イベント日程/WS日程/通販

 

 

にほんブログ村 本ブログ 作家・小説家へ
にほんブログ村

(時々1位!ありがとうございます)

 

【フォロー大募集中】

 

Twitter

@aida_honoka

(ココロのつぶやきダダ洩れw)

 

Tiwtter

@megamisya

(オシゴトに関するつぶやき専用)

 

インスタ

@aida_honoka

(料理、ぬいぐるみ、にゃんこ、お花……etc)

 

インスタ

@aida_honoka_books

(読了記録専用)